枝豆オーナー制度


毎年恒例の、枝豆オーナー制度を今年も受付いたします。オーナー制度は、京都の中部丹波地方や兵庫篠山で有名な黒豆「新丹波黒」を精華町で栽培し、オーナーの皆様にお持ち帰りいただく仕組みです。

●枝豆の品種:新丹波黒豆

●植付場所:精華町下狛柿添4-1(当いちご狩り受付付近)

●オーナー募集数量:240

●受付期間:6月1日~6月30日

●価格:枝豆・干豆(黒豆)共に51口で2800円 何口でもお申し付けください。

 

応募方法:お電話:0774-93-4811 もしくは“枝豆オーナーご予約フォーム”←こちらよりご予約下さい。

収穫体験

●受付期間:71日~10月31日 団体様のご予約もお待ちしております!

●日程・時間帯:10月15日~10月31日 9時~16時(15分程で体験できますが、特に時間は決まっておりませんので、ごゆっくりお楽しみ下さい。)

●価格:1600円 2株からとなります。何株でもお申し付けください。

 

応募方法:お電話:0774-93-4811 もしくは “枝豆収穫体験ご予約フォーム”←こちらよりご予約下さい。

直売

10月初旬から直売も予定しております。是非当直売所へお越しくださいませ!

新丹波黒

枝豆は丹波が有名な産地です。京都では“紫頭巾”や和知黒”、“新丹波黒”が有名です。華やぎ観光農園では大粒で甘みがあり干豆にも出来る“新丹波黒”を採用しました。大豆は携帯食料として、戦国時代に使われ、それはタンパク質を多く含んでいるからでした。さらに、レシチン、サポニン、オリゴ糖、イソフラボンと健康に良いとされるものを摂取する事が出来ます。「畑の牛肉」と言われる所以です。

そんな大豆は、国内自給では追いつかず、そのほとんどを輸入に頼っています。国産の安全な健康食、大豆のオーナーに登録してみませんか?

枝豆と黒豆(干豆)

おせち料理によく使う黒豆を、熱する前の若ザヤ(緑)の段階で収穫したものが枝豆です。黒大豆の枝豆は味が濃く、モチモチ感とほのかな甘みがあり、一度食べるとやめられないほどのおいしさです。

黒豆(干豆)は、この枝豆を干して乾燥させたものです。そのため収穫時期は1ケ月ほど後になります.